仕事と化粧やアクセサリー

制服が廃止され私服での勤務を導入する企業が増加し女性がオフィスで着る仕事着がカジュアル化するにつれて、それにふさわしいメイクアップや髪型を取り入れる必要が生じてきました。厚化粧は控え、口紅も濃い色のものは避けてインテリジェンスの感じられる、清潔感を前面に出した化粧を心掛けましょう。
オフィスで化粧をしないこと自体は別に構わないと思いますが、営業職など対外折衝の多い職種の女性は上手な化粧の仕方によって相手に良い印象を残すことが可能です。清潔感溢れる化粧を効果的に使っていくことも戦略の一環として考えてみてはどうでしょうか。化粧によって健康的で明るいイメージを与えることもできます。取引先はもとより、オフィスにおいても好印象を残すことによって自己の存在感をアピールすることは大切なことです。

アクセサリーも女性にとっては重要な問題です。年代や役職によっても異なってきますが、若い世代では清楚なものを身に付けるよう心掛け、派手なものは控えたほうが無難です。アクセサリーは表情をやわらげたり明るく生き生きとさせる効果がありますから、役職によっては上手に用いることによって取引先の人に良い印象を与えたり職場を活性化する要素もあるでしょう。腕時計に関しては節度を守り、高価でも品のあるものをつけることは何ら問題ないと思います。成り金趣味はご法度です。

このように女性がオフィスで着る仕事着がカジュアル化されるにつれて、それに付随するさまざまなものに関心を注がざるを得なくなってきました。これを機にどうやって自分を輝かせることができるか問題意識を持つことも大切なことだと思います。